MEGザ・モンスター 感想ネタバレ |超巨大ザメVSジェイソン・ステイサム

もし、クジラよりも大きいサメと出会ったら?

ジェイソン・ステイサム主演の映画、MEGザ・モンスターを公開初日に見てきました。

サメ映画は何作品かみてきましたが、ここまで巨大なサメが登場する映画は久し振りではないでしょうか!

人類最強のイメージが強いジェイソン・ステイサムが、今回は巨大ザメ相手に戦いを挑みます。

最初は巨大サメから逃げるだけなのにいつの間にか、攻撃に転じているのはジェイソン・ステイサム主演の映画のお決まりですね。

少し前に、同じく巨大動物が出る映画「ランペイジ巨獣大乱闘」を見たのですが、ランペイジ巨獣大乱闘は陸での戦いがメインでした。

もちろん、MEGザ・モンスターは海をメインで戦います。

陸だったら車やビルといった建物が多くあり、巨大動物の大きさがパッと見で分かります。

しかし、海だと大きさの比較対象が少ないので

パッと見で大きさを出すのが難しいんじゃないかな~」と映画を見る前は考えていました。

ですが、そんな心配は無用でしたね。

巨大ザメの大きさが分かるような描写もしっかりしており「サメ超でかいな」と素直に感じることが出来ました。

個人的には、ビーチを襲うシーンが、パニックパニックしててとてもおもしろかったです。

では、そんな「MEGザ・モンスター」について振り返っていきます。



MEGザ・モンスター あらすじとネタバレ


人類はまだ、海のすべてを知らない…

人類にとって世界一深い海溝とされる「マリワナ海溝」。

そんなマリワナ海溝を超える深海を海洋研究所の調査チームが発見する。

さっそく、未知の深海に調査チームを派遣すると、そこには今だかつて見たことがない生態系・生物を発見する。

だが喜びも束の間、調査チームを乗せた潜水艇が、巨大な何かに攻撃を受けてしまう。

潜水艇は故障してしまい、海上に浮上できなくなってしまう。このままでは、調査チームは全滅。

過去に深海で人を助けてきたレスキューのプロ、ジョナス・テイラー(ジェイソン・ステイサム)が救助に向かう。

救助に向かった深海で見たのはなんと、絶滅したはずの超巨大ザメメガロドン」。

メガロドンに襲われる危険がある中、ジョナス・テイラー(ジェイソン・ステイサム)は調査チームを助けることが出来るのか?



MEGザ・モンスター 感想

MEG ザ・モンスター見てきた方の感想をまとめました!※ネタバレあり

4DXでみるとより臨場感を味わえて楽しいかもしれませんね!

 

同じサメ映画でしたら ディープ・ブルーという作品もおもしろいのでおすすめです。
「ディープ・ブルー」を視聴する