アルバイトの掛け持ちって実際どうなの?

不安な男性

掛け持ちなんて本当にできるのだろうか。どんなメリットとデメリットがあるんだろう?掛け持ちって実際どうなのかな?

こんな疑問に答えていきます。

この記事の内容
・アルバイトの掛け持ちは案外楽しい

・アルバイトの掛け持ちのデメリット

・アルバイトの掛け持ちはやりたいことができたらやめるべき

僕は現在、2つのアルバイトを掛け持ちしています。

大学生でアルバイトをして、なお時間に余裕がある方は、

「アルバイトを2つめ始めちゃおうかな」なんて思ったことがあるでしょう。

アルバイトの掛け持ちはやってみるべきなのか?

結論としては、何かに熱中している人はアルバイトの掛け持ちはしない方がいいです。

この記事ではさっそく解説していきます。




アルバイトの掛け持ちは案外楽しい

なんだかんだアルバイトの掛け持ちは楽しいです。

ここではそのことについて解説していきます。

お金が稼げる

アルバイト1つより、掛け持ちのほうが圧倒的にシフトに入る時間が多いです。

・旅行のためにたくさんお金が必要!

・投資のための資金を貯めたい!

といった短期間でお金を集めたい人は掛け持ちをしてみましょう

環境が違うので飽きない

僕が掛け持ちをした1番の理由はこれですね。

1つのアルバイトをずっと続けてると必ず「飽き」が訪れてきます。

そこで、交互に違うアルバイトを入れることで飽きを解消できます

アルバイトに飽きてきた人は違うアルバイトを掛け持ちしてみるといいですね。

交友関係が増える

人と接する時間が増えるので、会話していると「遊びいこう!」なんて話がよく出てきます。

僕はとりあえず1回は飲みに行ったり、遊びに行きます。

するとアルバイトのときは知らなかった人の側面を知ることができ、意外と面白いですね。

また、通常一緒のシフトに入る同僚は自分で選べません。

自分が普段話さないようなタイプの人と会話することで新しい発見がよくありますね。

僕自身、掛け持ちをして友人が増えたので

友人を増やしたいという方は掛け持ちをしてみるのも1つの手かなと




アルバイトの掛け持ちのデメリット

アルバイトの掛け持ちは案外楽しいと解説してきました。

でも、デメリットも多くありますね。

・出費が増える

・単純に疲れる

・体調を崩した時の代わりを探すのが大変

・自分の時間が少なくなる

ここでは上記のデメリットについて解説していきます。

出費が増える

これは友人が増えることでの影響ですね。

全ての誘いにYESと言っていたらお金がいくらあっても足りません。

自分の考えを持ち、しっかり断るところは断らないと出費が増えてしまいます。

なので、自分の軸をもって行動していきましょう。

僕の考え方は以下の記事で紹介してあります、参考にどうぞ。

あわせて読みたい
明日から実践できる節約術

単純に疲れる

掛け持ちをすると週4~6日はアルバイトをします。

単純に疲れます。

家に帰ってから何もやる気が起きなくなってしまったら要注意ですね。

アルバイトを少し休憩して身体を休める事に専念しましょう。

体調を崩した時の代わりを探すのが大変

体調が悪かったら別べつのバイト先からそれぞれ代わりの人を探すことになります

これが意外にめんどくさいですね。

社員が代わりを探してくれるところなら良いのですが、

経験上そういったところは少ないのが現実です。

自分の時間が少なくなる

アルバイトに時間を使ってしまい自分の時間がすくなくなります。

やりたいことがなく、家でダラダラしてしまう場合はアルバイトをしていた方がいいかもしれせん。

問題なのはやりたいことが出来たときですね。

辞めるときは、大体1か月前に辞める旨を伝えるのが基本な気がします。

辞めたいと思ってから、時間が自由になるまで1か月の時間差があります。

1か月間、やりたいことを遅らせるのは実に歯がゆいです。

アルバイトの掛け持ちはやりたいことができたらやめるべき

僕は現在2つのアルバイトを掛け持ちしているとお話ししましたが、

やりたいことが見つかったのでさくっとアルバイトを辞める予定です。

ちなみにやりたいことというのは「ブログ」です。

集中して取り組みたいことができたら、アルバイトをやめて取り組むべきですね。

1度しかない人生なので自分のしたい事に集中できる環境づくりをしていきましょう!

以上でおわりです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!