【SAO アリシゼーション】ソードアート・オンライン アリシゼーション第8話の感想と考察【SAO3期】

こんにちは、しぃちきんです。

今回はアニメ、「ソードアート・オンライン アリシゼーション」の第8話「剣士の矜持」を視聴した感想と考察を書いていきます。

では、さっそく内容に入っていきます。

前回の感想はこちら

SAO アリシゼーションが視聴できる動画サービス

U-NEXT
※初回31日間無料!月額1900円

amazonプライム

※初回30日間無料!月額400円

dアニメストア

※初回31日間無料!月額400円




第7話をかんたんに振り返る

キリトとユージオたちが村を出てから2年間経過していました。

剣術学校に通っているキリトは、

学校の主席リーバンテインに誤って泥をつけてしまい、

リーバンテイン主席と懲罰という名の立ち合いを行うことに…

「SAO アリシゼーション」第8話の感想

リーバンテイン主席との立ち合い

今回は、リーバンテイン主席とのバトル回でしたね。

リーバンテイン家は「剣に強敵の血を吸わせる」ことで剣の力を増幅させている模様。

バトル開始

いきなり、秘奥義を使うリーバンテイン主席。

威圧感はんパないです。

一撃の威力が高いリーバンテインに対し、

手数で対抗しようと考えるキリト。

3撃目でリーバンテインの剛剣をどうにか止めることができました。

 

受け継がれているイメージ、やはり強いですね。

キリトも負けじと、仲間たちを思い浮かべてイメージ力を増幅したみたいですね。

なんと、剣が一時的に伸びました。

勝負は引き分け

接戦の末、

キリトとリーバンテインのバトルは引き分けで終了しました。

キリトを心配して涙目になるリーナ先輩!いいね。

悪意のある2人

前回、食堂でキリトをいびっていた2人組。

 

リーバンテインと良い勝負をしたのが気に入らなかったみたいですね。

キリトがリーナ先輩のために、大事に育てていた花を荒らしていきました。

今のところ悪意がある人間はこの2人ぐらいな気がします。むぅ~ん

 

花と自分を重ねて、悲しむキリト。

すると、誰かがキリトに呼びかけてきました。

謎の声の教えどおりに花に呼びかけると、

なんと花が復活しました。

洞窟でユージオを治療した時と似た感じですね。

リーナ先輩の勝利

リーナ先輩と、リーバンテインの最後の勝負は

リーナ先輩が無事勝利しました。最後に勝ててよかった!

新キャラ登場

キリトとユージオのそば付きとして新キャラが登場しました。

左から、ロニエとティーゼというらしいです。

これからの絡みに期待ですね。

「SAO アリシゼーション」第8話の考察

立ち合いでキリトの剣が伸びたとき、ギガスシダーのビジョン一瞬出ましたね。

周りからエネルギーを吸っているような描写もありました。

ギガスシダーが村で問題視されていた「テラリアの恵みを吸い取る」固有能力が、

ギガスシダーソードにも受け継がれているのかもしれません。

新キャラでロニエとティーゼが登場し、今後どのようにストーリに関わってくるのか楽しみですね!

みんなの感想

SAO アリシゼーションが視聴できる動画サービス

U-NEXT
※初回31日間無料!月額1900円

amazonプライム

※初回30日間無料!月額400円

dアニメストア

※初回31日間無料!月額400円