幽霊より人間が怖い!おすすめホラー映画5選

こんにちは!

映画館でアルバイトをしていたほど、映画が好きなしぃちきんです!(@Cchicken_blog)

アルバイトについては下の記事で記載しています。
大学生におすすめのアルバイト

みなさん、ホラー映画は好きですか??

僕はみんなで見るのが大好きです! ※1人じゃ見れないだけ

ホラー映画って幽霊とか怪物とか人とか色々なものに襲われますよね

そこで今回は僕が見てきた中で「幽霊や怪物より人間の方が怖くね?」と感じた、

洋画ホラー映画の中からオススメ作品を5つ紹介したいと思います!

1.シャイニング


引用amazon R-15 上映時間[119分]

あらすじ】
冬の間閉鎖されるホテルに、作家志望のジャック一家が管理人としてやってきた。そのホテルでは過去に、管理人が家族を惨殺するという事件が起こっていたのだが…。
www.amazon.co.jp

初めてDVDのパッケージを見た時、

「おじさんが隙間からこんにちわしてるだけじゃんw」と笑っていた自分をぶん殴りたいです。

とても良い作品です。

普段のホテルは大勢の人に利用されているイメージがあると思います。

しかし、吹雪によって隔離されたホテルには3人のみ。

普段のイメージとのギャップが普通のロビー、厨房を不気味に感じさせます。

限られたホテルという空間の中で、家族が少しづつ精神を病んでいき

徐々に狂っていく様に恐怖を感じること間違いなし!

 

「レディープライヤー1」ではシャイニングのシーンがいくつか再現されているので

ぜひ、先にシャイニングの鑑賞を!

 


2.エスター


引用www.amazon.co.jp R-15 上映時間[123分]

あらすじ】
かつて3人目の子供を流産したケイト・コールマンとその夫のジョン。彼らはその苦しみを癒すため、孤児院からエスターという9歳の少女を養子として引き取る。少々変わってはいるが年齢の割にしっかり者で落ち着いており、すぐに手話を覚えて難聴を患う義妹のマックスとも仲良くなるエスター。だが共に生活する中で、やがて彼女は常に手首や首にリボンを着けていたり、入浴の際は必ず入り口を施錠したりと、謎の習慣を垣間見せ始め、それらと同時に徐々に恐ろしい本性を見せ始めるのだった。
エスター-Wikipedia

「この娘どこかが変だ。」という印象に残るキャッチコピーの作品。
子役の演技がすばらしく、完成度が高い作品だと感じました!

ネタバレを知ってしまうと、この作品の魅力が減ってしまうため、多くを語るのはやめておきます。

ただいえることは、違和感が確信に変わり、

エスターという「少女」がどのような存在か。わかったときのハラハラドキドキ感は何ともいえません。

 


3.悪魔のいけにえ


引用www.amazon.co.jp R-15 上映時間[83分]

あらすじ】
墓荒らしが頻発しているテキサス州に、5人の男女が帰郷がてら墓の無事を確かめるために訪れた。一行はその道中で一人のヒッチハイカーを拾うが、ナイフで自傷行為に及び、切りかかるなどの異常な行動を起こす。その後、一行はガソリンを分けてもらうために近隣の家を訪れるが、そこには先ほどのヒッチハイカーやその弟である殺人鬼・レザーフェイスが住んでおり、一人また一人とレザーフェイスにより殺されていく。墓荒らしの犯人はレザーフェイス一家(ソーヤー家)であった。
悪魔のいけにえ-Wikipedia

日本での最初の公開は1975年とちょっと昔の作品。

スプラッター映画の金字塔といわれるだけあって、時代関係なく緊張感を感じさせてくれる独特な雰囲気が最高です!

殺人一家の家のインテリアや人肉など、ところどころ家族の狂気性が見て取れるのも恐怖ポイントです。

※グロいのがダメな人はパスすることをお勧めします

2018年5月12日に「レザーフェイス 悪魔のいけにえ」という大男の少年時代を描いた作品が公開されているのでこちらも要チェックです。


4.ドント・ブリーズ

引用www.amazon.co.jp PG-12 上映時間[88分]

あらすじ】
舞台はアメリカ・デトロイト。経済破綻しゴーストタウン化が進む街で、養育放棄の両親と暮らす不良少女ロッキーはいつの日か共にここから抜け出そうと妹に約束していたが、そのために必要な逃走資金を得られるあてはなかった。
ボーイフレンドのマネーから地下室に金庫を持っているらしい視覚障害者宅への強盗を持ちかけられた彼女はマネーと友人のアレックスの3人で真夜中に盲目の男性の屋敷に押し入る。だがその男は元・軍人であり、盲目でも超人的聴覚を持ち、侵入者の殺害も厭わない恐ろしい人物だった。果たしてロッキーとアレックスは、即座にマネーを殺害した盲人の追撃を回避して、悟られることなく静寂を保ったまま密室の家屋から脱出できるのか。
ドント・ブリーズ-Wikipedia

この映画の怖さはなんといっても目が見えないにもかかわらず戦闘力が高いおじいちゃんです。

目が見えない代わりに物音に敏感。

少しの足音や呼吸音で気づかれたそうになった時の緊迫感がすごいです。

音を出さなければ、目の前にいても気づかれないので新鮮でした。

また後半には老人の真の目的が明らかになり、最初から最後まで飽きずに楽しめる作品です!

※なお家族で見ると気まずくなるシーン有り


5.タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら


引用www.amazon.co.jp R-15 上映時間[88分]

あらすじ】
気のいい中年男2人組・タッカーとデイルは幼なじみの親友同士。こつこつ貯めた金でようやく別荘(古びた山小屋)を手に入れた彼らは、休暇を過ごしにやって来る。ところが見た目が強面なため、近くにキャンプをしに来た大学生グループから、「殺人鬼」だと勘違いされてしまう。実は山荘の立地は、20年前にスプラッター映画のような惨殺事件が起きたいわくつきの場所だった。
タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら-Wikipedia

最後にちょっと方向性を変えて笑えるホラーを紹介します。

映画を見ればタイトルの「史上最悪にツイていないヤツら」が納得できます。

でも、ツイてないのはこの二人だけじゃなく、大学生グループもツイていない。

大学生グループが中年男の二人を倒そうと考えた作戦が裏目に出ちゃったり

おバカすぎる止まらない自滅など、見ててめっちゃおもしろいです!

ちょっとグロイので気を付けてください!

 

いかがでしたでしょうか?どれもあたらめて「人間って怖いな」という体験ができる作品ばかりです。

1人暮らしの方は、夜にみて眠れなくならないように注意してくださいね!

以上、ホラー映画おすすめ5選「幽霊より人間の方が怖い!」でした。おわり。

SF映画のおすすめ5作品を紹介!【ワクワクがとまらない】