【初心者向け】イラスト付きビットコイン解説

Cちきん

こんにちは、Cちきんです。(@Cchicken_blog)

最近、ビットコインやブロックチェーンという言葉を聞きますが

 

ビットコインのどこがすごいの?

っていわれるとよくわかりませんよね

 

そこで今回はビットコインについてわかりやすく解説していきたいと思います!

1.ビットコインとは

ビットコインとは、ブロックチェーンという技術を使って作られた

ネット上にある仮想の通貨の事です。

もちろん、ネット上にあるので実物はありません。

現在ビットコインを含めた様々な仮想通貨が、お店で利用できるようになってきました。

しかし、最初からお金の代わりとして利用できたわけではなく、

過去に色々な出来事があって現在の形になりました。

ビットコインの成り立ち

2008年にサトシ・ナカモトという人物がビットコインについての論文を発表しました。

不思議なことに現在もサトシ・ナカモトという人物について明らかになっていません。

そして、発表された論文に興味を持った人たちが集まり完成したのがビットコインです。

 

それから2年後、2010年5月22日にビットコインが初めてお金の代わりとして利用されました。

アメリカのとあるプログラマーが、ビットコイン1万枚とピザ2枚を交換したのが始まりです。

今のビットコインの価値にすると約70億円くらいですね。

ピザがとんでもないものに金額になったね~

2.ブロックチェーンとは

ではビットコインに使われているブロックチェーンとはどういうものなのか?説明していきます。

ブロックチェーンとは、上の図のように今までの全取引データが連なるように繋がっている技術です。

 

 

今までのデータに新しいデータが加わる際に複数人の承認がなければ加わることができません。

 

データの書き換えや不正があった際は、他の人たちがその取引を承認しないことで不正なデータが入りこまないようにしています。

Cちきん

不正なデータが入りこまないという信用に価値が生まれてるんだね

そして複数の人達からOKが出れば取引データの最後尾に加わります

 

 【P2Pのイメージ】

また、P2Pと呼ばれる参加者同士のコンピュータをつなげることで

全員がデータの共有を行っています。

サイバー攻撃や不正なデータの書き換えなどが起きても、

他のパソコンに正しいデータのバックアップがあるので安心なのです。

マイニング

取引データが正しいデータかを判断する作業の事をマイニングと呼びます。

鉱山の金を掘る採掘に似ているため採掘とも呼ばれます。

主にコンピュータで複雑な計算をすることで報酬としてビットコインが貰えます。

 

 【マイナー】

マイニングは10分置きに1回あり、止まることなく繰り返されます。

ちなみにマイニングに参加しているこの方たちをマイナーといいます。

 

マイニングは10分おきに採掘の競争があるイメージです。

この競争で取引データが正しいという計算結果を一番最初に出せた人に報酬としてビットコインが与えられます。

Cちきん

ビットコインが貰えるからみんなマイニングをするんだね

 

3.ビットコインのメリット

データの正確性が高まる

ビットコインはマイニングによってデータの正確性を保ってます。
取引データが増えるほど、承認作業の計算が複雑になり多くのマイニングが必要になります。

そして、マイニング量が増加する事でデータの正確性が上がっていくというシステムになっています。

ビットコインを利用する人が増える事で、

マイニングが多く必要になります。マイニング量の増加に伴って、

セキュリティが高まっていくという好循環が生まれます。

送金手数料の安さと送金速度

ビットコインの大きな特徴の一つはこの送金料の安さです。

あまり身近な話ではないと思いますが

海外に送金する場合を例に考えると送金料の違いが大きく出てきます。

こちらの銀行海外送金シュミレーターでどれくらいの海外送金料がかかるのか見てみましょう。

 

銀行を利用して日本からアメリカに1万円を送ろう

とすると手数料として4750円かかりますね。

着金も1~3日かかります。

 

次に日本で大きい仮想通貨取引所のビットフライヤーで、

ビットコインの送金手数料がどれくらいかかるか見てみましょう

0.0004BTCなので現在のレートにすると大体300円ぐらいですね。

着金は処理状況によりますが最短数十分、最長数日といったところです。

 

比べてみるとやはり銀行の方が手数料は高いですね。

着金までの所要時間をみると最短だとビットコインですが、

処理状況によって最長数日と幅が大きいので確実に振り込みたいときは不安ですね。

時と、場合によって使い分けるのがいいかもしれないですね。

24時間の取引が可能

ビットコインなどの仮想通貨は365日24時間取引可能です。

銀行もATMの普及により土日振込に対応しているところも増えてきましたが、

365日対応しているわけではありません。

緊急の時にいつでも振り込めるのはビットコインのメリットですね。

4.ビットコインのデメリット

値幅が大きい

ビットコインは買いたい人の需要と売りたい人の供給で価格が決まります

なので、将来価値が上がると考え買う人が多ければ価値は上がり、逆なら下がります。

株などの金融商品は1日の価格の変動幅に制限がありますが、

ビットコインには変動幅に制限がありません。

極端な話をすると、

1日で価格がゼロになる可能性もありますし、すごい価値が上がるという可能性もあります。

送金手数料の増加

取引データの承認は10分置きに行なっていると説明しましたが、

利用者が増えてしまうと承認作業が追いつかなくなります。

そうなった時、他の人より高い手数料を払う事で優先的に承認作業を行ってもらえます。

送金手数料が高くなってしまうとメリットである送金手数料の安さがなくなってしまいますね。

利用者増えれば増えるほど送金しづらくなるので通貨としてさらに普及させるなら改善が必要ですね。

取引所のセキュリティ

ビットコインのセキュリティが高いという話はしました。

では、仮想通貨を取り扱っている取引所は安全なのでしょうか?
結論からいうと、現状はあまり安全ではないと僕は思います。

実際に日本のNEM盗難事件や、韓国の仮想通貨盗難事件が起きています。

これは仮想通貨のセキュリティ問題ではなく、

取引所のセキュリティが高くなかった為に起きた事件です。

取引所から仮想通貨が盗まれると、信用が下がる事はあっても上がることはないです。

元々仮想通貨はリスク分散のために買われる傾向がありました。

リスクを分散する為に買ったものが盗まれるかもしれないとなったら普通売るか、買わないようにしますよね。

信用が下がり『仮想通貨は危ない!』というイメージを持ったら、

仮想通貨の利用を避けてしまうと思います。

そうならないように取引所のセキュリティ強化が今後の仮想通貨を普及させる為の課題になりそうです。

5.ビットコインまとめ

ビットコインやブロックチェーン技術というのはまだまだ始まったばかりの技術。

僕たちの生活をより便利にしてくれると信じてこれからの発展を見守りましょう!